稲田検事総長、退任へ=後任は林検事長

2020/06/30 12:03配信【時事通信社】

検察トップの稲田伸夫検事総長(63)が7月中に勇退する見通しであることが30日、関係者への取材で分かった。後任には東京高検検事長の林真琴氏(62)が就くとみられる。林氏は賭けマージャン問題で辞職した黒川弘務前検事長(63)の後任。トップとして国民の信頼回復に当たる。 総長の定年は65歳だが、在任期間は2年程度が慣例。一方、検事長の定年は63歳で、稲田氏は7月で在任2年となることや、林氏が同月末に定年を迎えることから、7月中に退任し、後進に道を譲る判断をしたとみられる。 [時事通信社]


このニュースを読んでどう思う?

0 みんなの意見 0
良い!に回答しました
悪い!に回答しました