米、対ミャンマー追加制裁=国軍幹部2人

2021/02/23 11:18配信【時事通信社】

【ワシントン時事】米財務省は22日、ミャンマーでクーデターを起こした国軍の幹部2人を新たに制裁対象に指定したと発表した。「治安部隊による平和的な抗議デモ参加者殺害を受けた措置」としている。2人は国軍が設置した「行政評議会」のメンバー。在米資産が凍結され、米国人との取引が禁止される。 ブリンケン国務長官は声明で、ミャンマー国軍や警察に対し、平和的な抗議行動への攻撃中止を要求。拘束者の解放や民主的に選ばれた政権の回復も求めた。その上で「暴力を振るい、人々の意志を抑圧する者に対してさらなる措置を講じることをちゅうちょしない」と述べ、追加制裁を今後も排除しない姿勢を示した。


このニュースを読んでどう思う?

0 みんなの意見 0
良い!に回答しました
悪い!に回答しました