長瀬智也に薦めたい青春映画「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」

2021/05/05 00:26配信【日刊ゲンダイ】

長瀬智也(C)日刊ゲンダイ 長瀬智也(C)日刊ゲンダイ

【コトブキツカサの映画処方箋】

 芸能界の一大勢力、ジャニーズ事務所のタレントの退所が相次いでいます。TOKIOの長瀬智也さんも3月末をもって退所しましたが、他のタレントたちと大きく異なるのは事務所を辞めただけでなく芸能界を引退したこと。決して仕事が目減りしたわけでもなく、タレントとしても俳優としても活躍していたにもかかわらず、およそ30年間の芸能生活に終止符を打ち、今後は“裏方として働く”と宣言したのです。

 そんな長瀬氏に今回処方したい映画は「エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に」です。

 舞台は1980年のアメリカ・テキサスの名門大学野球部で、部員たちが共同で暮らす一軒家に引っ越してきた新入生たちが大人になる過程を描いた青春映画。監督はアカデミー賞でも主要部門にノミネートされた「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレーターで、本作は「6才のボクが――」の続編的な物語です。

 主人公のジェイクは体育会系の硬派な世界で育ちましたが、大学の寮に入所してからは一転、女性と交流を持ち仲間たちとハメを外し自由を謳歌します。ジェイクは仲良くなった女性と2人で湖で遊んでいる時、「何かに情熱を注げることがすてきだと思わないの?」と問われます。野球という生きがいを見つけたジェイクは、実は他人が羨むような、かけがいのない充実感を得ていたことに気づく。それは長瀬智也氏の人生とも重なるはず。ジェイクや部活の仲間たちはいつかは野球から離れてそれぞれの道へ進みます。

 劇中「死ぬ前に後悔するのはやったことじゃない。やり残したことだ」というセリフが出てきますが、長瀬氏も芸能界での活動終了に後悔することなく多くのファンのため、そして何より自分のために今後やりたいことを突き詰めてほしいと願います。

(コトブキツカサ/映画パーソナリティー)


このニュースを読んでどう思う?

0 みんなの意見 0
良い!に回答しました
悪い!に回答しました