篠原涼子“コロナ別居”1年超の背景…夫・市村正親とはすれ違いも離婚はナシ

2021/06/10 00:26配信【日刊ゲンダイ】

篠原涼子(C)日刊ゲンダイ 篠原涼子(C)日刊ゲンダイ

女優の篠原涼子(47)と夫・市村正親(72)の別居を発売中の「女性自身」が報じている。別居は昨年3月からで、ドラマ収録のためとされていたが、1年経った現在も継続中というのだ。

 当初は緊急事態宣言が始まったばかり。コロナ感染に対する不安も大きく、篠原の当たり役「ハケンの品格 第2シリーズ」(日本テレビ系)の撮影ということもあり“コロナ別居”もベターな選択と思われた。しかしながら、現在も篠原は市村と13歳と8歳の2人の息子が待つ家には帰宅せず、自宅から車で10分ほどの高級賃貸マンションに居住。自宅は家政婦がほぼ住み込みでサポートしているという。

 今回の報道について篠原の所属事務所は、別居を認めたうえで、仕事が落ち着き次第戻る予定と回答。しかし、篠原が一時帰宅するのは市村が家にいない時ばかりだという。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「現状から離婚はありえないと思います。もしも子供を置いて家を出たとなれば篠原さんの母親としてのイメージはガタ落ちでしょうし、家を出るなら篠原さんがお子さんを連れていくはず。2人は共演がきっかけで結婚された、同志としての結びつきが強い夫婦。出会った当初、市村さんは既婚者で、離婚してから篠原さんと再婚しています。女優として脂の乗った篠原さんを思うようにさせてあげたいという市村さんの大人の思いやりではないでしょうか」

 適度の距離感が夫婦円満の秘訣なのかもしれない。


このニュースを読んでどう思う?

0 みんなの意見 0
良い!に回答しました
悪い!に回答しました