阪神・佐藤輝は東京五輪回避でシーズン専念 首脳陣によぎるトラウマと悲願Vへの計算

2021/06/10 02:25配信【日刊ゲンダイ】

受賞を喜ぶ佐藤輝(代表撮影) 受賞を喜ぶ佐藤輝(代表撮影)

心置きなく、シーズンに専念できそうだ。9日、5月度の月間MVPに選ばれた阪神の佐藤輝明(近大)のことだ。

 5月は28日の西武戦で3本塁打を放つなど、打率・301、6本塁打、19打点をマーク。セの新人野手としては2003年村田(横浜)以来の受賞となった怪物は、5月の勢いそのまま、この日の日本ハム戦でも2安打2打点の活躍を見せた。

 佐藤輝を巡っては、今夏に予定されている東京五輪の日本代表メンバー入りも期待されたが、24人とベンチ入り人数が少ないこともあり、選外になったとみられている。

 阪神からは投手の青柳と岩崎の代表入りが有力視されているものの、チーム周辺では、「五輪野球は今回限りで再び、正式種目から外れる。一生に一度の経験になったかもしれないが、首脳陣からすれば、特に佐藤は、選ばれないほうがいい」という声も少なくない。

 何せ阪神は、五輪にトラウマがある。北京五輪が行われた08年は、巨人に最大13ゲーム差をつけて首位を独走しながら、中軸の新井貴浩が五輪で腰椎を骨折したまま全試合に出場。以降のシーズンを全休したこともあり、巨人に逆転優勝を許した。

 1年目から中軸を担う佐藤輝は、16年ぶりの優勝を目指す上で必要不可欠。五輪から外れれば、3週間の公式戦中断時に疲労回復に努めることもできる。一石二鳥だろう。


このニュースを読んでどう思う?

0 みんなの意見 0
良い!に回答しました
悪い!に回答しました