佐々木朗希はローテ継続か来季新人王か…ロッテ首脳陣を悩ます「ガラスの肉体」

2021/06/11 02:50配信【日刊ゲンダイ】

六回を投げ終え捕手柿沼とベンチに戻る佐々木(C)共同通信社 六回を投げ終え捕手柿沼とベンチに戻る佐々木(C)共同通信社

5月27日の阪神戦に続く、プロ2勝目とはならなかった。

 ロッテの2年目・佐々木朗希(19)が10日のヤクルト戦に先発。自己最長の6回93球を投げて4安打1失点、5奪三振だった。序盤は課題の変化球に加え、ストレートの制球も定まらない。村上には甘く入った速球を右中間に放り込まれたが、失点はこれだけ。走者を許しながらも、要所を抑えたのは収穫と言えば収穫だろう。

「試合をつくることができてよかった。次の登板も頑張ります」とは本人だ。

 さて、ロッテは残り82試合。佐々木朗が今回同様、先発として中13日で回るとすると、レギュラーシーズンはあと6試合に投げる計算になる。一方で今季の登板回数を30イニング以内(この日で計16イニング)に抑えて、来季の新人王を狙うプランもあるという。

■中6日は来年夏

 戦力になると判断されれば、ポストシーズンもにらんでフル回転することになるのだろうが、しかし、首脳陣を逡巡させているのが佐々木朗の体力面だという。

「さすがに去年ほどアッチが痛い、コッチが張ったとは言わなくなったようですけど、なにしろ肩肘の周辺も含めて体が脆弱ですからね。体がしっかりとして、中6日のローテに入れるようになるのは来年の夏ぐらいと首脳陣はみているようです」と、ロッテOBはこう続ける。

「バランストレーニングなどはよくやっているそうですが、筋力をつけるウエートトレは熱心じゃない。一時、練習方法やフォームをマネていたオリックス・山本由伸もウエートトレはさほどやらないようなので、もしかしたら影響を受けているのかもしれません。首脳陣は上体はともかく、せめてさまざまな面で基本になる下半身のトレーニングはもう少し、力を入れて欲しいと思っているようですけど、芯がしっかりしているというか頑固というか、何事も自分が納得しないとやらないタイプらしいですから(笑い)」

 この日の最速は155キロ。投げようと思えば160キロの剛速球を投げられる佐々木朗が、あえて球速を抑えているのは160キロに耐えられるだけの体ではないからだ。本人は昨年、シート打撃で160キロを投げた反動でその後、1カ月間、ほとんど投げられなかったことがトラウマになっているという。まずは体を鍛えることが先決ではないか――。


このニュースを読んでどう思う?

0 みんなの意見 0
良い!に回答しました
悪い!に回答しました