サッカー元日本代表・松井大輔がフットサル転身 Jリーグと“二刀流”の可能性も

2021/09/15 02:06配信【日刊ゲンダイ】

入団会見に臨んだフットサルFリーグのYS横浜の松井大輔(C)共同通信社 入団会見に臨んだフットサルFリーグのYS横浜の松井大輔(C)共同通信社

フットサルリーグにW杯出場経験のある現役選手が初めて加入した。

 2010年南アW杯16強入りの立役者のひとりである元日本代表MF松井大輔(40)のFリーグ1部・YS横浜への入団が、14日に正式に発表されたのである。

 11年に横浜FCのFW三浦カズがシーズンオフにFリーグでプレーした例はあるが、今回の松井の場合は「Fリーグに本格参戦」。ケタ違いの本気度ということで各テレビ局のニュースでも取り上げられた。「大リーグ・エンゼルスの大谷選手のようになる可能性もある」と、サッカー関係者がこう続ける。

「YS横浜にはJ3のチームもあり、選手登録を済ませれば松井がJ3でプレーすることも可能。Jとフットサルの両方のプロリーグでプレーするというのは、世界的にも異例中の異例。松井が<二刀流選手>になれば、海外メディアからも注目を浴びるでしょう」

 本人も会見で「この先はどうなるか分からない。大谷選手みたいに二刀流になる可能性もあるかもしれない」と含みを持たせた。

 サッカー界屈指のテクニシャンとして知られる松井の周辺では、前々から「フィジカルが整えばフットサルのトップ選手として十分に通用する」ともっぱら。デビュー戦は10月8日の湘南戦(横浜武道館)が予定されている。


このニュースを読んでどう思う?

0 みんなの意見 0
良い!に回答しました
悪い!に回答しました