中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

2021/09/15 02:06配信【日刊ゲンダイ】

二軍再調整中の中田(C)日刊ゲンダイ 二軍再調整中の中田(C)日刊ゲンダイ

二軍再調整中の巨人・中田翔(32)が目立っている。

 暴力事件を起こした日本ハムから8月に無償トレードで加入。巨人移籍後は16試合で打率1割5分、1本塁打、2打点とサッパリで、11日に出場選手登録を抹消されたが、二軍ではスゴいのだ。

■前日は長嶋氏、この日は阿部二軍監督が直接指導…

 12日のロッテ戦で逆転2ランを含む5打数4安打5打点と大暴れ。13日は休日を返上して練習していると、「結果が出ていない姿を心配して駆けつけた」と長嶋茂雄終身名誉監督(85)がジャイアンツ球場を訪れ、室内練習場で40分間の指導を受けた。長嶋氏は「良い姿勢で構えることと腰を強く回す意識を伝えた。近いうちに東京ドームで特大ホームランが見られると思う」とコメント。


二軍の4番は「育成の場」

 かと思えば、14日の楽天との二軍戦の前には、阿部慎之助二軍監督(42)から打撃指導を受け、「4番・DH」で適時打。「練習の成果を出せて良かった」と感謝した。ファーム関係者がこう明かす。

「二軍で格が違うのは認めるけど、はっきり言って4番に座って二軍戦に出ている場合じゃない。最近の4番は香月(25)だったし、新人の秋広(18)とか若い選手の育成の場ですから。長居されたら阿部二軍監督の手にも余るでしょう。原監督は勝負どころの終盤戦のために『もう1回体をつくり直してこよう』と言ったみたいだけど、そんなにノンビリされても困る。下では打ちまくっているし、長嶋さんが『東京ドームで打つ』と言ったなら、原監督も無視できないはず。早めに一軍に上がりそうです」

 原監督はこの日のDeNA戦で主に2番だった坂本を4月7日の阪神戦以来、約5カ月ぶりとなる3番で起用した。1番に吉川、2番に松原を入れたものの、散発5安打2得点で競り負けた。「もう少しバッターがねえ、中心選手がやっぱりねえ……」と原監督も歯切れが悪い。

 たとえ戦力として必要なくても、ベンチの雰囲気が悪くなっても、最後は原監督が責任を持って中田を操縦するしかないということだ。阪神、ヤクルトとの優勝争いの最中、中田をどう再生し、一軍でどう生かすのか。原監督も大変である。


このニュースを読んでどう思う?

0 みんなの意見 0
良い!に回答しました
悪い!に回答しました