企業の人権配慮、国が認定=超党派議連が法案概要

2021/10/12 15:41配信【時事通信社】

超党派の「人権外交を超党派で考える議員連盟」は12日の総会で、企業に人権配慮の事業活動を促す「人権デューデリジェンス(適正評価手続き)法案」の概要を提示した。児童労働などの防止に取り組む企業を国が認定し、公共調達で優遇することが柱。早期に議員立法として提出、成立を目指す。


このニュースを読んでどう思う?

0 みんなの意見 0
良い!に回答しました
悪い!に回答しました