新株予約権、割り当て延期=防衛策への司法手続き考慮―東京機械

2021/10/13 23:25配信【時事通信社】

新聞印刷用の輪転機大手、東京機械製作所は13日、投資会社アジア開発キャピタルに対する買収防衛策として実施する一般株主への新株予約権の無償割り当てについて、日程を延期すると発表した。アジア開発が東京地裁に申し立てている買収防衛策の差し止めに関する手続きの進捗(しんちょく)状況を考慮したため。 東京機械は、買収防衛策の導入を22日に開催する臨時株主総会に諮る方針。新株予約権割り当てについては基準日を28日、効力発生日を29日に設定していた。近く取締役会で日程の延期を正式に決議する。


このニュースを読んでどう思う?

0 みんなの意見 0
良い!に回答しました
悪い!に回答しました