日本卓球男子に相次ぐドイツ留学…協会が抱える国内強化と海外移籍のジレンマ

2022/05/14 00:26配信【日刊ゲンダイ】

張本もドイツへ(C)共同通信社 張本もドイツへ(C)共同通信社

強化の根城はドイツだ。

 今年の全日本卓球男子シングルスで優勝したパリ五輪代表候補の戸上隼輔(20=世界ランク48位)がドイツ・ブンデスリーガ1部「オクセンハウゼン」と契約。Tリーグを離れ、活動拠点を海外へと移した。東京五輪でリザーブだった宇田幸矢(20=同26位)も今季からブンデス1部「ケーニヒスホーフェン」に所属。さらに「琉球アスティーダ」に籍を置く張本智和(18=同7位)もブンデス1部「ノイ・ウルム」に加入した。張本はあくまでも欧州チャンピオンズリーグへの限定的な参戦だから可能なのであって、Tリーグとシーズンの重なるブンデス1部は掛け持ち禁止。軸足をブンデスに置く戸上や宇田のTリーグ参戦はほとんど不可能だ。

 男子における欧州のトップはドイツ。これまでも多くの選手たちが武者修行の場にドイツを選び、水谷隼(32)が14歳で留学したのもドイツだった。水谷の場合、中学生だったこともあり、日本卓球協会が学校側との事前交渉などを支援。それが現在も続いているとなれば、国内強化の一方で海外移籍の支援をする矛盾も生じることになる。

 さらに国内強化を目的につくられたTリーグだが、チーム戦のため戦略によっては出場に恵まれない選手も。一部の選手たちからは「一度も出られないことがあるので試合勘がなくなる」「Tリーグだけでは外国人選手との戦い方を忘れる」という声も上がっていたが……。

 日本卓球協会広報部はこう言った。

「正確な日時はお答えできませんが、ナショナルチームができてからは国内の強化にシフトしたため、2008年以降はそういった支援はしておりません。選手が個々に契約や交渉を行っています。海外への挑戦が増えているのは、単純に行きやすくなったこともありますし、先輩の姿を見て自分もと思った選手が増えてきたのもあるでしょう。ドイツは元中国の代表選手や世界各国のトップが集まっているので、欧州ならまずドイツというのが男子では一般的。日本にいたのでは、海外の選手と対戦する数は少なくなってしまう。しかし、国内に限界があるという表現は違うと思います。コロナがなければ海外の選手もTリーグに来られていたはずなので」

 コロナ禍という事情はあるにせよ、国内強化にシフトしながら有力選手の海外流出が止まらない現状に卓球協会も頭が痛いに違いない。


このニュースを読んでどう思う?

0 みんなの意見 0
良い!に回答しました
悪い!に回答しました